東京工業大学
オープンファシリティセンター
分析部門(すずかけ台)
オープンファシリティセンター分析部門(すずかけ台)は分析設備の利用を受け付けています  
TEL: 045-924-5276 〒226-8503 神奈川県横浜市緑区長津田町4259 R1-120室  
メールボックス: R1-34  

 

トップページ 装置一覧 利用・課金案内 申込書一覧 メンバー(学内)

 

CHN同時測定装置(Elementer VarioEL)

 

装置仕様

 燃焼管:縦型(Closed system)
 測定時間:10min/1sample
 酸素供給:サンプル投入後0秒から数十秒(サンプルによって調節)供給
 燃焼管温度:1150℃
 測定可能なサンプル:環境サンプルなど(1度に10mgまで投入可能)



 原理
 精秤したサンプルを燃焼分解させ、O2,Heガス雰囲気下で参加燃焼分解させ、サンプル中のC,H,Nをそれぞれ、CO2,H2O,N2ガスにします。
 発生したガスを各成分の吸脱着カラムによって分離させて検出器で測定することで、サンプル中のC,H,N含有率が得られます。(現在、この装置でのSの測定は実施しておりません。)

 

この装置を使ってできること
 サンプル中のCHN同時分析が可能
 CHN含有量(重量%)を測定

 

装置担当者・連絡先

 R1棟119室 内線:5278
 原 智恵子(hara.c.ab(@)m.titech.ac.jp)
 富田 香苗(tomita.k.af(@)m.titech.ac.jp)


お問い合わせ
Contact us
分析に関する相談は
分析部門(すずかけ台)質問・相談票
を記載の上、下記メールアドレスまで
Email: matanalysis_s(@)ofc.titech.ac.jp
Tel: 5276
 

学外からご利用いただく場合はこちら
OFC受託外部利用のご案内

 
関連サイト
 ▷ 東京工業大学
 ▷ オープンファシリティセンター
 ▷ 大学連携研究設備ネットワーク
 ▷ 東工大 設備共用ウェブサイト
 ▷ 装置利用料金(学内限定)
お役立ちリンク
 ▷ 高分子分析の原理・技術と
   装置メーカーリスト