TCカレッジ 令和3年度セミナー(技術・研究支援概論) 第3回講演会
「熱分析の測定と結果判断の実際 ~十分な熱分析の結果を得るために~」(株式会社パーキンエルマージャパン)

2021年11月29日

TCカレッジでは、株式会社パーキンエルマージャパン様のご協力の下、12月22日(水)に令和3年度セミナー(技術・研究支援概論)第3回講演会をオンラインで開催いたします。


セミナー概要(技術・研究支援概論)概要

 TCカレッジの協力機器・機械メーカーの研究者・技術者の方々が進められている最新研究や特徴的な取り組みについて、企画立案、遂行中に起こった技術的な課題、解決への工夫など、実践的な内容を講演していただくことで、研究・技術支援活動の参考となる情報や研究遂行に対する考え方などを広く学びます。


講演概要

 熱分析は物理変化を温度の関数として測定する技法であり、融点をはじめ温度を判断するだけでは十分な活用が期待できません。また、JIS規格や参考書を利用しても、熱分析の結果は判断が難しいことが多く、熱分析を扱う担当者は測定条件の決定や得られた結果の解釈に多くの時間を費やします。

 本講演ではDSCを中心に、講演前半では熱分析装置原理および熱分析の公定法を示すとともに、正常な状態でDSCなど熱分析を過去に測定した結果とデータ比較できる結果とするために必要な情報を示していただきます。また、講演後半では期間短縮が要求される企業の担当者や研究者に必要な実践的な解析の方法や結果の異常判断など、ケーススタディを中心にDSCの事例とともに紹介していただきます。


日時

2021年12月22日(水) 13:30~15:00


開催方法

オンライン開催(Zoom)


参加費

無料


申込方法

事前申込ページよりお申し込みください(外部サイト(Zoom)へ移動します)